ロゴ

糖尿病の症状を知って自分や家族のもしもに備えよう!

病気にならないための知識を得よう【糖尿病の症状とは】

糖尿病は痩せ型や標準体型の人に比べると、肥満気味の人に多く、症状が悪化すると重篤な合併症に罹りやすくなります。初期段階では自覚症状が少ないですが、血糖値が高めだと指摘されたら、早めに治療を始めて下さい。

糖尿病の症状を把握して適切な治療【知っておくと良い知識】

医師

健康診断の結果で血糖値が高めな人は、糖尿病になるリスクがありますので注意が必要です。実際に糖尿病になると、喉の渇きやトイレの回数が増えるといった症状がでてきます。その後、体重減少や慢性的な倦怠感などを発症するのが一般的です。放置すると心臓病や脳梗塞、失明など疾患を併発する可能性があるので、発覚したらすぐに薬物療法、食事療法に取り掛かるべきでしょう。理想的なのは糖尿病を発症する前に、適切な量の食事と運動を心がけることです。糖尿病以外にも脳梗塞や聴神経腫瘍、下肢静脈瘤など現代人を襲う病は様々です。脳梗塞の治療では、幹細胞治療が取り入れられるようになりました。これは脳の神経細胞に血液を届けることができる治療であり、後遺症が残りにくいという利点があります。聴神経腫瘍の場合には脳神経外科での摘出治療が中心となるので、実績のある脳神経外科医の在籍する病院で治療を受けるのが良いでしょう。いずれの治療においても専門知識に優れている医師が在籍する病院へ足を運び受診を受け、治療方針を決めるのが重要です。

レビュー

医師

脳梗塞患者に行われている最新の治療とは?経験者の声を聞こう!

脳梗塞の新しい治療法として細胞の移植によって血液の流れをよくする幹細胞治療があり、この場合はかなり効果が期待できます。50代の男性は最新のやり方を体験し、60代の男性は医師に勧められて肝細胞治療を受けることになり、2人とも満足しています。

診察

下肢静脈瘤治療中の方の口コミをチェックしよう!

下肢静脈瘤は血管が浮き出るという見た目にインパクトのある症状が出るため、すぐに治療を始める人が多いようです。レーザー治療は、傷跡も残りにくく体に負担の少ない治療法として人気です。

病院

近くにあったら安心!困ったときに頼りになる夜間診療

夜中に体調が悪くなった際には、浦安の病院の夜間診療を利用して、すぐにでも体調を改善してください。翌朝には体直が良くなるはずだと考えて、そのまま就寝してしまうと更に体調が悪化する場合もあります。

医師

聴神経腫瘍に関する知識を習得しよう【参考になる経験者の口コミ】

めまい、耳鳴りの症状があって病院へ行き、聴神経腫瘍と分かりました。専門は脳神経外科で、簡単に言うと良性の脳腫瘍との事です。治療には手術と放射線治療の2通りありましたが、腕の良い医師を紹介されて手術に踏み切りました。

診察

気になる下肢静脈瘤の治療にかかる費用について知っていこう

下肢静脈瘤には色々な手術方法がありますが、レーザー治療なら保険適用で片足5万円、自費治療で片足25万円、ストリッピング治療なら片足4万円程が相場のようです。検査費などもプラスされ、実費はもう少し高くなります。